二重まぶたの美容整形〜埋没法

二重まぶたの手術について紹介しますね。
美容整形はいつの時代でもはやりますね。

二重まぶたの手術をしてみたいという方はやはり情報も知っておきましょう。二重まぶた埋没法では手術時間も短くて済むというメリットがあります。

傷が残るとしても糸を通す場所くらいしかありませんので、施術の痕跡がほとんど気になりません。

また術後の回復も早く済むのも大きなメリットでしょう。

埋没法が出る前まで二重まぶたにするための整形手術は、メスでまぶたを切開し、脂肪を取り出して縫い合わせる切開法が主流でした。(この手術をする皮膚の部分は血管も多く、また、粘膜部位はとてもデリケートですので注意が必要でした。)

二重まぶた埋没法では手術にかける時間はわずか数分という所もあります。

これだと昼休みに済ませることも充分に可能です。

最近のの埋没法では糸が皮膚の中に埋まるように施術するので、糸はほとんど外見からでは目立ちません。

またまぶたとまぶたが開閉する筋肉を糸で繋げる技術にもいろいろあります。

二重まぶた埋没法の手術をする部位はまぶたとその筋肉ですので、眼球にキズがつく等の危険もありません。

埋没法の最新技術では、皮膚と筋肉のごく一部のみを繋げることで目への負担を最低限に留めています。

抜糸も必要ないので、術後の通院も必要ありません。

万一二重まぶたのラインに納得がいかない場合は、施術の場所に小さな穴を開けて糸を取り出します。

数日で術後の腫れは目立たなくなります。

もし気に入らない形の場合でも、抜糸して元の状態に戻すことで、再び埋没法手術をやり直すことも可能です。

通常の場合でも翌日から化粧や洗顔なども普通通りにできます。

家族や知人にできるだけ気づかれたくない、知られずに手術を終わらせたいという人も、二重まぶた埋没法が最もおすすめでしょう。

病院や個人クリニックの違いにより施術の結果が異なることもありますが、翌日から通常通りに活動できると考えていいでしょう。

このように埋没法のメッリトはいろいろあるので、手軽に手術が受けられるのが人気の所以でしょう。
posted by ビタミンC at 11:35 | TrackBack(0) | 体臭他

体臭や加齢臭は腸内環境の悪化も原因?

臭いって意外に他人からは嫌われるものです。体臭、口臭、便臭、ワキガ、加齢臭などいろいろあります。あなたはこれらの臭いの原因がどのようにゆくられるかご存知ですか?最近特に加齢臭という言葉をよく耳にするようになりましたね。

40才を超えるとその年代より上の人たちの間で最も気になるのは何でしょう? まずは口臭。ついで気になるのが体臭、最近ではその呼び名が変わり「加齢臭」といいます。

「加齢臭」は歳とともに皮脂中に過酸化脂質の量が増加します。そのために、加齢臭が起こりやすくなる原因の1つといわれています。

加齢臭の原因物質の存在を化学的に解明したのは資生堂の研究所で、7年前に発見された「ノネナール」という物質です。ノネナールは全身の肌の「皮脂腺」という毛穴のような場所から出てきます。

ノネナールとは、不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種で、この成分は若い人たちの体臭からはほとんど検出されません。そのためにこの「ノネナール」が加齢臭の原因物質であると断定されました。年齢と共に、ノネナール増加の原因であり加齢臭の元といわれる脂肪酸は増加してきます。

皮脂腺に溜ったパルミトオレイン酸という物質が、過酸化脂質と結びついて産生されるのがノネナールです。 加齢臭は体の老廃物が溜ることで出てくるものなのです。資生堂の研究所では、20代〜70代までの男女のシャツに付着した成分を分析しました。すると、男女ともに40歳を過ぎた年代のシャツからは、加齢臭の特有成分ノネナールが検出されたわけです。

加齢臭が女性よりも男性に強く臭うといわれます。その理由は男性のほうが皮脂の分泌量が多いことが主な原因の1つといいます。

◆体臭・加齢集関連
ワキの臭い@ワキの臭い体験
体臭@体臭体験
加齢臭対策、原因、予防
加齢臭対策、原因、予防

◆便秘、痔の対処法や対策に関連するサイトを紹介します。
便秘の原因、解消、対策
痔の症状と治療、対処法
posted by ビタミンC at 16:28 | TrackBack(0) | 体臭他