顔のうぶ毛、顔脱毛する

自分としてはいつも顔の美白を心がけているのになんとなく肌の色がくすんでいたりという経験はありませんか?

顔脱毛なんてやれない・・・という人もいるでしょう。
以下思い当たる人はありませんか?

あるいは毎日ちゃんとお手入れはしているはずなのに、毎晩ケアしてるのに。

朝、鏡に向かって化粧していても何となく化粧のノリがわるいなど・・・。

誰しもお顔の手入れで気づきにくいものに顔のうぶ毛があります。
実は顔のうぶ毛は見た目以上にいろいろな影響があるのです。

産毛の濃い人はくすんだ雰囲気の原因になりがちですが、この原因は日本人の毛の色が元々黒であることにあります。

これらの悩みの原因は、顔全体にある産毛がそのような影響を及ぼしている可能性も否定できません。

顔全体には意外と油断の出来ないくらいうぶ毛が存在しており、そのサイズは髪の毛などよりも小さく、細いのですが、影響大となることも。

うぶ毛は化粧のノリが悪くなるだけでなく、放っておくと顔の産毛よるトーンが顔全体の印象を暗くしたりします。

うぶ毛にはそれぞれ個人差がありますが、顔に黒く濃い毛が生えてる人も多くいますのでそのケースでは顔脱毛をオススメします。

また、顔脱毛によってむだ毛を処理することで眉毛の全体やそのまわりも、こめかみ、もみあげの部分も、印象が相当に変わってくるファクターになることを覚えておいてください。

顔脱毛により、むきたまごのようなつるんとしたきれいな肌にすることが可能です。顔に生えている細かな毛のむだ毛を処理することで、このようにきれいな肌に生まれかわります。

うぶ毛も元は必要なものとして生えているのですから、いくら脱毛するといってもおのずと範囲がありますよね。どの部分を脱毛するかは個人差がありますが、エステなどでそうだんするとよいでしょう。

顔脱毛する場合で、女性でもひげの処理が行われるケースもあります。

ひげは男性だけではなく、女性では生えるというのは当然です。
これは男性ホルモンの影響によりヒゲが生えるのです。
男性ホルモンというのは女性の体内でもわずかながら存在しているのですね。

この影響は無視できないんです。
posted by ビタミンC at 09:14 | TrackBack(0) | スキンケア

プラセンタをアンチエイジング、美容や健康分野利用する

プラセンタは本来「胎盤」という言葉ですが、日本では「プラセンタ」と表記されています。胎盤というとなんとなく抵抗があるせいでしょうか。

古くからブタやウマ、ヒト等の胎盤は、漢方薬の紫荷車(しかしゃ)に見られるように医薬品・化粧品・健康食品等にも利用されています。

実際ヒトの胎盤が使われる場合は、未知の病原体やウィルスの存在が完全に否定する事が難しいことから、市販の医薬品への利用は少ないようです。、ドリンク剤や健康食品、サプリメントに利用されている胎盤は、現在はヒトからブタなどに原料が転換されているのが実態です。

現在、ヒト胎盤を原料として数種類がエキス化⇒注射剤にしたものが母乳分泌促進などの婦人科疾患、肝臓病の医薬品として使用が許可されています。

最近では、アンチエイジングというように主に美容や健康分野でプラセンタを利用するケースが多いようですが、これらの場合は医師の処方箋が必要であり、健康保険は利かずに自由診療となるために医療費が高額となることも多いです。
posted by ビタミンC at 12:00 | TrackBack(0) | スキンケア

大人のニキビが気になりませんか

ニキビは思春期から20〜30歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことです。大人でも出てきます。その多くの原因は毛穴の詰まりです。人間の毛穴には、脂腺が付いています。

ニキビって若さの象徴といっていたのは昔の話・・・。

いまでは20歳を過ぎてもニキビが出て気になることはありませんか?ニキビ・吹き出ものを鏡で見るたび、ついため息が・・・という方のためにニキビについて解説しましょう。

ところが、人によって程度の違いはありますが思春期になると男性ホルモンの影響で、脂腺が刺激されて大きくなります。その後、この毛穴が脂肪や角質でふさがれてしまうと、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすのがニキビです。

毛穴がつまると黒い点(脂肪の塊で面ぽうといいいます)ができてきます。そこに細菌が侵入して繁殖すると、炎症が起こる場合があります。

すると、赤く小さいボツボツ(丘疹)になったり、中に黄色いうみをもった膿ほう(のうほう)ができます。これらの症状は人によって便秘や月経との関係で、悪化するケースもありますので注意しましょう。

ニキビができても指でさわったリ、押したりするのは禁物です。
ホームケアは洗顔が中心となって行います。炎症がひどい場合は自分では処置せずに皮膚科に相談しましょう。

洗顔後はよくすすいで石けん分を残さないように注意します。
洗顔はこまめに行い、ぬるま湯とふつうの右けんを使います。
毛穴をふさぐ恐れのあるファンデーションなどの化粧品はなるべく使わないようにします。

最近では毛穴の入り口の通りをよくする最先端の医薬品を使用することで、つらい繰り返しも予防できるようになってきてます。

またビタミンCの抗酸化力を生かすと、さらに効果も上がってきます。ポイントさえ押さえれば、家庭でのケアでもきれいに治すことも可能です。

ニキビの予防のためにも不規則な生活、睡眠不足、過労などもよくありませんので気をつけましょう。また油っこい食品、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどもニキビにはよくありません。また便秘予防のために、野菜や果物など食物繊維の豊富なものも多く食べるようにしましょう。

ニキビに似たような症状で、中年以降の女性のあごから首にでてくるものがありますが、これはニキビではありません。面ぽうがないのでにきびと区別ができます。

多くの場合、化粧品のトラブルが原因によってこれはおきますので、化粧品の使用を一時中断するのもいいでしょう。
posted by ビタミンC at 11:00 | TrackBack(0) | スキンケア

ニキビの状況は的確に把握して対処を

赤くはれたニキビを見かけることが結構あります。この場合は、早めに医療機関を受診して医師の治療を受けることをおすすめします。

ニキビでは今の自分の症状がどういう状態かかを認識することが重要です。そうしないと誤った処置をしてクレーター状のくぼみが顔に残ってしまう可能性もあります。

◆ニキビ、吹き出ものの原因と対処法
1)普通の正常な皮膚
皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から出てきます。正常な皮膚では毛穴の入り口が開いているので、皮脂が詰まることはありません。また毛穴の毛包にも炎症はありません。毛穴にはうぶ毛やひげが生えてますが、うぶ毛もなくなってしまう場合もあります。

◆家庭での日常のケアでも対処できる白ニキビ(コメド)
2)白ニキビ(コメド)
白ニキビはニキビの芽に相当します。白ニキビ(コメド)は毛包の表皮が過剰に角質に変化(角化)してはがれ、毛穴の入り口に角栓として詰まった状態をいいます。この状態のときはニキビの予防として正しいホームケアで角質をとり去って白ニキビ(コメド)ができないように注意しましょう。

◆医師に診療してもらう方がいいニキビのケース
3)赤ニキビ(炎症性のニキビ)
赤ニキビの毛包の中では、皮脂が遊離脂肪酸に分解されています。そのため皮脂が周囲に炎症をひき起こしてしまいます。

赤ニキビ(赤く炎症が起こったもの)がいつもに10個以上ある場合では、医師の診察を受けた方がいいでしょう。この状態は皮脂の分泌がますます増えてくるので、角質が厚くなって毛穴の入り口をふさいでいきます。そのままにしておくと、炎症の跡かくぼみや色素沈着として残っていく可能性大です。

この場合早めに医師に皮脂を出してもらったり、化膿を防ぐ処置をしてもらうようにしましょう。さらに.皮脂を好むアクネ菌が増えて、皮脂か酸化された過酸化脂質も増加し、さらに炎症がひどくなるので注意しましょう。

以下も参考にどうぞ。

HomePage作成日記
アトピっ子日記
猫大好き
かぼちゃ頭の逆襲
愛が足りない子
情報商材レビュー
メタボリック症候群男
お魚日記
身体ピッカピカ
水のブログ

いつも前向き
健康が一番
健康情報
美しくなるために
あたらしもの好き
健康ブログ
posted by ビタミンC at 08:58 | TrackBack(0) | スキンケア

ニキビの元は毛穴の詰まりです

ニキビは思春期から20歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことをいい、その多くの原因は毛穴の詰まりです。

ニキビ・吹き出ものを鏡で見るたび、ついため息が出てくることはありませんか?

【原因】
人間の毛穴には、脂腺が付随しています。ところが、人によって程度の違いはありますが思春期になると男性ホルモンの影響で、脂腺が刺激されて大きくなります。その後、この毛穴が脂肪や角質でふさがれてしまうと、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすのがニキビです。

【症状】
毛穴がつまると黒い点(脂肪の塊で面ぽうという)ができてきます。そこに細菌が侵入して繁殖すると、炎症が起こる場合があります。すると、赤く小さいボツボツ(丘疹)になったり、中に黄色いうみをもった膿ほう(のうほう)ができます。これらの症状は人によって便秘や月経との関係で、悪化するケースもありますので注意しましょう。

【治療】
ニキビができても指でさわったリ、押したりするのは禁物です。治療は洗顔が中心となって行います。洗顔後はよくすすいで石けん分を残さないように注意します。洗顔はこまめに行い、ぬるま湯とふつうの右けんを使います。毛穴をふさぐ恐れのあるファンデーションなどの化粧品はなるべく使わないようにします。

最近では毛穴の入り口の通りをよくする最先端の医薬品を使用することで、つらい繰り返しも予防できるようになってきてます。またビタミンCの抗酸化力を生かすと、さらに効果も上がってきます。ポイントさえ押さえれば、家庭でのケアでもきれいに治すことも可能です。

ニキビの予防のためにも不規則な生活、睡眠不足、過労などもよくありませんので気をつけましょう。また油っこい食品、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどもニキビにはよくありません。また便秘予防のために、野菜や果物など食物繊維の豊富なものも多く食べるようにしましょう。

【その他】
ニキビに似たような症状で、中年以降の女性のあごから首にでてくるものがありますが、これはニキビではありません。面ぽうがないのでにきびと区別ができます。多くの場合、化粧品のトラブルが原因によってこれはおきます。

以下美容関連ネタのサイトも紹介します。

飛騨日記
ウナギパイが好き
満腹ブログ
黒豚日記
京都日記
見栄っ張り日記
清盛日記
探し物日記
阿蘇山日記
六甲日記

駿府城日記
私の日記
ザリガニ日記
北の日記
定年後を楽しもう
社畜のブログ
卵料理大好き
ラーメン大好き
の日記
kosumo8の日記
posted by ビタミンC at 08:52 | TrackBack(0) | スキンケア

ニキビへ効くビタミンCのメカニズム

これまでニキビへのビタミンCの効果について紹介しました。
今回はさらに詳しいメカニズムについて易しく説明しましょう。

ニキビは毛穴の皮脂が酸化されて炎症を引き起こすわけですが、このメカニズムには活性酸素が多大な原因になっています。

毛穴の皮脂はアクネ菌も影響してますが、その代謝物「ポルフィリン」という物質に紫外線が照射されると活性酸素が産みだされることがわかっています。

これが皮脂⇒過酸化脂質になるのを助長して炎症をひきおこすことになります。

先にビタミンCは大変強い抗酸化作用をもつことをいいました。

このことがビタミンCはこの活性酸素の生成を抑制するのみならず、さらに、ニキビ痕が陥没を修復したり、ニキビ痕を漂白作用で色素沈着の改善効果まで期待できます。

他にもビタミンCには毛穴を締める作用や、皮脂腺の分泌を抑制する効果もあります。

このことはビタミンCがニキビの予防、治療、できてしまった際の陥没修復まで幅広く効能があるという非常に頼りになる成分であるということなのです。

ビタミンCはリン酸誘導体が有効ということはいままで紹介しましたが、具体的にはリン酸アスコルビン酸ナトリウム、リン酸アスコルビン酸マグネシウムなどが使用されています。

そのほかにもグルコース体、硫酸体の化合物もありますが、今のところ、効果などで治療用、化粧品用には前述のリン酸誘導体が
使用されています。

このようにビタミンCは非常に有効なものですが、普段日常でも紫外線を避ける工夫もわすれずにおこなってくださいね。

特にお出かけの際は紫外線を防ぐ帽子、日焼け止めクリームは必須ですよ。

◆ニキビ関連、対策サイトを集めました。
ニキビ治療と最新医療ガイド
ニキビ跡(あと)の治療、対処法
背中ニキビの治療、対処ガイド
ニキビの原因、予防と治療
posted by ビタミンC at 12:00 | TrackBack(0) | スキンケア

肌年齢が誰もが気になりますね

肌を露出する季節になると、自分の肌が誰もが気になりますね。
もちろん私も気になります。

シミやしわももちろんですが、たるみも気になります。
誰しも老化の進行は止められませんが、遅くしたりすることはできます。

老化はそれぞれの人の生活スタイルや環境によって当然違いがでてきます。

夜遅くまで起きてる人が、規則正しい生活を繰り返して睡眠も充分な人に比べて老化のスピードが進んでてくるというのは容易に想像がつきますよね。

加えて日常のスキンケアを正しく行っているのとそうでない場合でも当然肌年齢にも大きな違いが生じてきます。

このことはすなわち、普段のスキンケアを正しく行うことが自分の肌の老化をコントロールできるということを意味するのです。

近年バリバリ働く女性も増えて、仕事でも日常的にストレスを受ける人が増えて以下のような皮膚のトラブルに悩むケースが増加しています。

・シミ
・しわ
・かぶれ
・乾燥肌
・にきび
・皮膚炎など

またこれらの新しいスキンケアの化粧品も次々に商品化されて発売されてます。

これらの新しい化粧品を次々に試す前にまず、自分の肌のトラブルの原因や、現在の肌の状態がどうなっており、何が問題でどうすればそのトラブルを解決できるのかをじっくりと考えることも必要でしょう。

そのためにも皮膚の基礎知識や構造を把握しておくことと、正しいスキンケアを日常おこなっているかのチェックもしておくを
おすすめします。

あなたは過剰なスキンケアに頼っていませんか?
美容でも基本を押さえることは大切ですね。

【追伸】
先月毎週木曜のおしゃれ工房に佐伯チズさんが出演してました。
ご覧になった方も多くいたことでしょう。

コットンを使った顔のパックの仕方は参考になりましたね。
先月見逃した方にも今月再放送があります。

◆NHK教育 6月8日(日)午後3:50〜4:40 おしゃれ工房 
“きれい”を磨く!「佐伯チズの“きれい”を手に入れるスキンケア」(1)(2)
       6月15日(日)午後3:00〜3:25 おしゃれ工房

“きれい”を磨く!「佐伯チズの“きれい”を手に入れるスキンケア」(3)

おすすめです。お見逃しなく!
posted by ビタミンC at 12:00 | TrackBack(0) | スキンケア

肝斑(かんぱん)気になりませんか?

肝斑(かんぱん)ってご存知の方も多いでしょう。
えっ、知らない・・・。
別に知らなくても結構です。

おそらくこれまでお肌に肝斑がでてきたことがなかったからでしょう。でもこれからはわかりませんぞ・・・。

肝斑とは目の下にできるモヤっとしたシミ、
大体頬骨の上あたりにできやすいシミです。
でもシミとは気がつかないことも多いようです。

シミにもいろいろあります。
肝斑はその中でもなかなか治りにくいシミの1つです。
特徴は左右対称で、比較的広い範囲にでることが多いです。

モヤッとしています。
つまりわかりにくのです。
30才くらいから出ることが多く、

正常な肌とシミの境界がわかりにくいので、
「シミかくすみか区別できない」というケースも多いです。
肝斑の見分け方がでているサイトがあります。

それからの引用ですが、

◆肝斑の見分け方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、30〜40代にシミが突然できた

2.シミは円形でなく、モヤッと広がっている

3.シミが目の縁を避けてでる

4.紫外線対策やビタミン補給ではなかなか効果がない

5.普段強いストレスがある

6.シミが頬骨に沿って、or こめかみ等左右対称なある

7.シミが左右対称、季節で濃さが変わる

8.妊娠したことあり、または経口避妊薬を服用している

9.自分はフェイスマッサージをしっかりする

10.レーザー治療で悪化したことあり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(引用;第一三共ヘルスケアのサイトより)
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/check/index.html

上記10のうち該当するのが多い人ほど肝斑であることが多いです。

肝斑のできる原因はまだよくわかっていません。

・不適切なマッサージ
・肌に合わない化粧品を使っているために起こる炎症
・ホルモンバランスが崩れている
・仕事のストレス

などが原因と言われています。

この肝斑、実はレーザーや光治療を決してしてはいけないといいます。効果があるのは飲み薬で、

トラネキサム酸が非常に有効です。
(加えてビタミンC,B2,B6の内服もいいです。)

だいたい内服して2週間、半数くらいの方に効果がでるそうです。
ただ、2ケ月くらいは服用を続けたほうがいいようです。

肝斑が気になる方は美容皮膚科の専門医に相談されてみてください。

(内容一部;07.10.25の日経WOMAN*CLUBセミナー/名古屋より)
posted by ビタミンC at 11:00 | TrackBack(0) | スキンケア

ニキビの予防

ニキビって若さの象徴といっていたのは昔の話。

いまでは20歳をしぎてもニキビが出て気になることはありませんか?ニキビ・吹き出ものを鏡で見るたび、ついため息が・・・という方のために今回はニキビについてご紹介しましょう。

ニキビは思春期から20〜30歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことです。

大人でも出てきます。
その多くの原因は毛穴の詰まりです。
人間の毛穴には、脂腺が付いています。

ところが、人によって程度の違いはありますが思春期になると男性ホルモンの影響で、脂腺が刺激されて大きくなります。

その後、この毛穴が脂肪や角質でふさがれてしまうと、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすのがニキビです。

毛穴がつまると黒い点(脂肪の塊で面ぽうといいいます)ができてきます。

そこに細菌が侵入して繁殖すると、炎症が起こる場合があります。
すると、赤く小さいボツボツ(丘疹)になったり、中に黄色いうみをもった膿ほう(のうほう)ができます。

これらの症状は人によって便秘や月経との関係で、悪化するケースもありますので注意しましょう。

ニキビができても指でさわったリ、押したりするのは禁物です。
ホームケアは洗顔が中心となって行います。
炎症がひどい場合は自分では処置せずに皮膚科に相談しましょう。

洗顔後はよくすすいで石けん分を残さないように注意します。
洗顔はこまめに行い、ぬるま湯とふつうの右けんを使います。

毛穴をふさぐ恐れのあるファンデーションなどの化粧品はなるべく使わないようにします。

最近では毛穴の入り口の通りをよくする最先端の医薬品を使用することで、つらい繰り返しも予防できるようになってきてます。

またビタミンCの抗酸化力を生かすと、さらに効果も上がってきます。

ポイントさえ押さえれば、家庭でのケアでもきれいに治すことも可能です。

ニキビの予防のためにも不規則な生活、睡眠不足、過労などもよくありませんので気をつけましょう。

また油っこい食品、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどもニキビにはよくありません。また便秘予防のために、野菜や果物など食物繊維の豊富なものも多く食べるようにしましょう。

ニキビに似たような症状で、中年以降の女性のあごから首にでてくるものがありますが、

これはニキビではありません。面ぽうがないのでにきびと区別ができます。

多くの場合、化粧品のトラブルが原因によってこれはおきますので、化粧品の使用を一時中断するのもいいでしょう。

いろいろ化粧品試してみると、効きが実感できるものとそうでないものがでてきます。当たり前ですが、試供品だけではよかったと思っていてもいざ購入して使いはじめるとたいした事ないねというものも少ないからずあります。

値段だけからは良し悪しがわからないこともあります。
成分だけから選んでも効くとも限りません。

ここが難しいところです。
化粧品選びも大切ですが、普段の栄養や健康維持はもっと大切だということもお忘れなく。
posted by ビタミンC at 10:00 | TrackBack(0) | スキンケア