シワの原因に紫外線あり

シワのできる原因については2つ説があるといいます。これは三石巌博士の著書「ビタミンCのすべて」だったかはっきりお覚えていませんが、一つは紫外線説、一つは細菌説という説明だったと思います。

今では紫外線主犯人説がかなり通っているのですが、紫外線が皮膚を照射すれぼ、水の遊離基(ラジカル)をつくります。紫外線説は、つまるところラジカルによって架橋構造ができることで説明できるということです。(ただし、ラジカル(遊離某)は、紫外線がなくても発生することは可能です。)

何らかのエネルギーの凝縮でもいいですが、シワ=架橋構造というように簡単に考えてもらってもいいです。シワの多い人をよく観察するとわかりますが、直射日光にさらされる機会が多い人ほど、このシワが多くなります。

市販の日焼け止めクリームには、よくご存知の通り紫外線吸収材が含まれています。さらにラジカル(遊離基)も一因とすればラジカル(遊離基)を捕捉するシステイン、ピタミンEの両者も、シワの予防になると三石博士は結論しています。

シワ以外にも美容上の問題として、色艶の「ツヤ」があります。三石博士によると皮膚のみずみずしさは、タンパク質によるのではなく、粘質多糖体の働きによるものとされています。「粘質多糖体」とはつまりコンドロイチン硫酸などをさすようです。

コンドロイチン硫酸は本質的に水との親和性も高く、多くの水を含有することができます。粘質多糖休には、硫酸をふくむコンドロイチン硫酸の系統のものの他にも、硫黄分子を含有しない系統のものがあります。粘質多糖体の構造がどういうものとしても、体内の硫黄は含硫アミノ酸からの誘導体であるのは容易に予想がつきます。(タンパク分解酵素で、皮庸の断片を分解処理するとコラーゲンは溶解して、残渣として粘質多糖体が残ります。)

皮膚は、老化とともに含硫黄コンドロイチン硫酸が減少し、硫黄を含まないコンドロイチン硫酸が増加するといいます。要するに、年をとると、皮庸から硫酸分がぬけるので、ツヤが悪くなるというのが三石博士の見立てです。これは硫黄が少なくなると架橋構造がとりにくくなり、弾性がおちつきてハリがなくなるとみていいでしょう。

とすれば皮膚の美容にも、やはりタソパク質が必要だったということにたどりつきます。コンドロイチン硫酸の結合にはビタミンAが補酵素として重要な役割をします。良質タンパクとともにビタミンAということになると、卵にまさるものはありません。よく美容のパックに卵白バックが使われるということは、やはり合理的な裏付けがあるとかんがえてもいいのでしょう。
posted by ビタミンC at 16:00 | TrackBack(0) | シワ

ビタミンのタイプ別肌に及ぼす効能とは

ビタミンのタイプによる肌に及ぼす効能には、どのような違いがあるのでしょうか?

ビタミンが美容や健康によいことは皆さんよくご存知ですが、実際各ビタミンがどのような効能があるのか細かく説明できるという人は少ないでしょう。

ビタミンはもともと肌への浸透がよく,低い濃度でも細胞に働きかけてくれます。この理由はビタミンの分子量が500以下と肌の角質層を簡単に通過することが可能なので、肌への浸透が容易ということがいえます。

やはりその効果を最大限に高めようとするなら、肌に直接塗るのがもっとも良いでしょう。ビタミンの力をうまく選択することで、お肌の調子が大きく変わる可能性があるということです。

ビタミンAは紫外線による光老化やアンチエイジングに、ビタミンBとCは若年の方の脂性の肌、乾燥肌の調子を調整してくれます。ビタミンをうまく利用してお肌のトラブルに解消してください。


◆肌のお悩みにはこのビタミンが効果を発揮

まずはビタミン選択の基本について紹介しましょう。

以下に簡単にその効果を示しておきます。

◎は効果大
○はわりと効く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     ビタミンA  ビタミンB群   ビタミンC    ビタミンE 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)シミ    ○               ○
    (レチノイン酸のみ)

2)シワ    ◎      ○       ○
            (B15の効果)

3)ニキビ   ◎      ○      ◎
    (レチノイン酸のみ(ナイアシン)

4)毛穴                   ◎
  閉める

5)保湿    ○      ◎                 ○
     (レチノール)(ナイアシン、B15)

6)紫外線                 ◎          ○
                             (ビタミンC補助)
7)キメ調整                ◎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆シミの消去と改善
レチノイン酸=ビタミンA酸ともいいますが、ビタミンA(レチノール)は物質そのものの安定性が悪く、ビタミンA(レチノール)の代わりに研究がすすめられてきました。もともとはアメリカでニキビの治療薬として使用されてきたものです。

ビタミンAの仲間のレチノイン酸は肌に塗ることでシミの色素がある角質と表皮を薄くはがしてくれるとともに表皮自体が厚くなるのでシミが目立たなくなります。

また、表皮細胞の分裂を促進しますので皮膚のターンオーバーを早める効果があります。

ビタミンCの場合は、還元と酵素阻害作用でメラミン色素の生成を抑制することでシミを改善します。

このようにシミを何とかしたいという方はまず、ビタミンAとビタミンCをうまく取り入れることで改善が可能です。

効果を意識しながらやはりメリハリを利かして化粧をしたいものです。

続編は次回で。
posted by ビタミンC at 14:48 | TrackBack(0) | シワ

乾燥のような過酷な条件で肌の組織は反り返りや肌荒れをおこす

普通は正常な角質層の組織は整然と並んでいるわけですが、一旦、乾燥状態のような過酷な条件になると肌の組織は乾燥下では反り返りを起こしたり、またが表面がカサカサになったりするわけですね。こうして肌がカサついたり、肌荒れが生じるようになるのです。

今の季節は冬のようにあまり乾燥してませんが、冬の乾いた空気、冷暖房による影響これからは夏の日差しの強い紫外線、仕事の疲れやストレスなどで新陳代謝機能の低下など・・・。

こういうことが続くと肌の角質層の保水力が当然維持できなくなります。すると肌は水分を保持することできなくなり、潤いのあるなめらかな素肌が維持できなくなるわけですね。

このように『乾燥』という条件はお肌にとっては大敵です。さらにこの肌のカサつきがシワの原因や、肌荒れなどの種々のトラブルの引き鉄となるのです。

ここまでは皆さんよくご存知でしょう。

こうして肌の『乾燥』をいかに防ぐかが普段日常のスキンケアの最も大切な役目となることがご理解いただけたことでしょう。

日常の手洗いや洗顔などの仕方もきちんと重点を押さえるだけで、誰もが潤い肌に変えることができます。 

さらに自分に合う石鹸や保湿クリームを探したり、選択することも大切な事項になるでしょう。

何事も基本を押さえることは重要ですね。
posted by ビタミンC at 13:00 | TrackBack(0) | シワ

コラーゲンとシワの密接な関係

美容に興味のある方であれば「コラーゲン」を知らない人は少ないでしょう。「コラーゲン」は成分的にはタンパク質のことであります。世の女性で美容のことですぐに問題となるのがまずシワですよね。シワは簡単に解釈すればこのタンバク質の性質が変化したものというふうに理解すればよいでしょう。

シワが発生する原因で主役を演じるのは、皮膚の構成主要成分であるコラーゲンであるというのはいまや常識ともいえます。他にもお肌の乾燥もありますが、ここではコラーゲンに主眼をおきます。コラーゲンの形状は繊維状態をつくっていますが、もっと詳しく観察するとらせん状を形成しています。このらせん状の形状が3本集まるとオリゴマーとよばれるものを形成します。

(オリゴマー;分子量の大きいもののなかで比較的分子量が小さく、繰り返し単位が10〜20くらいの分子量をもつものの総称です。)

皮膚にはこのオリゴマー繊維が縦横に走っており、その繊維の隙間を橋がかかった構造が皮膚の基本構成単位と思うと考えやすいでしょう。お互いに架橋結合をもつコラーゲンは、かなり強い力でつまみあげられても、それがばらばらにほぐれてしまうということはありません。例えば誰でも腕の皮膚を指でつまんでからはなすと、皮膚には弾力がありますのでたちまち元の状態にもどりますよね。

これはすなわちコラーゲンが弾性構造、つまりゴムのように伸び縮みする構造をもつからと説明できます。例えば伸ぱされたゴムが、外力がなくなればすぐもとにもどるのと全くと同じ考えていいでしょう。

若い時はこの架橋構造はある一定のレベルですが、年齢を重ねるにつれてしだいに増えていきます。人間の皮膚のシワはこれで説明されます。これがシワの根本の原因といえます。

つまり年寄りの皮膚は、架橋点が増えて丈夫なのですが、逆に架橋点が増えすぎて柔軟性がなくなりシワになりやすいということなのです。

つまり架橋構造が増える、架橋点が増え過ぎるとそれが逆に分子の伸び縮みを阻害してシワが元に戻らなくなるというふうに考えるとわかりやすいでしょう。これがシワのできるやさしいメカニズムです。
posted by ビタミンC at 06:00 | TrackBack(0) | シワ