乾燥のような過酷な条件で肌の組織は反り返りや肌荒れをおこす

普通は正常な角質層の組織は整然と並んでいるわけですが、一旦、乾燥状態のような過酷な条件になると肌の組織は乾燥下では反り返りを起こしたり、またが表面がカサカサになったりするわけですね。こうして肌がカサついたり、肌荒れが生じるようになるのです。

今の季節は冬のようにあまり乾燥してませんが、冬の乾いた空気、冷暖房による影響これからは夏の日差しの強い紫外線、仕事の疲れやストレスなどで新陳代謝機能の低下など・・・。

こういうことが続くと肌の角質層の保水力が当然維持できなくなります。すると肌は水分を保持することできなくなり、潤いのあるなめらかな素肌が維持できなくなるわけですね。

このように『乾燥』という条件はお肌にとっては大敵です。さらにこの肌のカサつきがシワの原因や、肌荒れなどの種々のトラブルの引き鉄となるのです。

ここまでは皆さんよくご存知でしょう。

こうして肌の『乾燥』をいかに防ぐかが普段日常のスキンケアの最も大切な役目となることがご理解いただけたことでしょう。

日常の手洗いや洗顔などの仕方もきちんと重点を押さえるだけで、誰もが潤い肌に変えることができます。 

さらに自分に合う石鹸や保湿クリームを探したり、選択することも大切な事項になるでしょう。

何事も基本を押さえることは重要ですね。


posted by ビタミンC at 13:00 | TrackBack(0) | シワ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19881208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック