おせち料理を食べる日本の食習慣

おせち料理に興味がなくても、普段正月には家族で食卓を囲んで皆さんおせち料理を食べますね。どこの家庭でもほとんど同じ光景だと思います。

昔より正月元日(1月1日)は重要な節日とされ、山に帰った田の神を呼び戻すためにお祝いの行事が行われました。

また古くは、「新年には神様をお迎えした際に、家の台所を騒がせてはいけない」ということで、作り置きの正月の料理をあらかじめ用意したことにはじまるようです。「台所を騒がせない」とは、女性を休めることに意味があるので、特別家庭での手作り料理を用意しないといけないというわけではありません。

そのため昔から保存することができる料理をあらかじめ用意して新年を迎えることが風習として残りました。あるいは、お煮しめのような保存食を用意して、いつも食事つくりで多忙な女性を正月三が日には休めるように、という配慮からはじまったともいいます。

最近ではデパートや有名レストランや老舗料亭などのおせち料理が大変人気があり、通販やインターネットでも注文されることが増えてますね。

家族みんなで楽しめるところが人気の秘訣でしょう。一年の初めにぜひこだわり抜いた本物の素材を使ったおいしっくすのおせちを味わいたいものですね。

最近食への関心が高まって安全な食品を消費者は求めています。
おいしっくすのおせちも選択の1つとしていかがでしょう。
今年も例年以上にもうかなり多くのおせち予約が入っているようですよ。

大丸のおせちは老舗料亭や有名ホテルのこだわりの味をそろえています。海鮮おせちもいろいろ比較できて選ぶ楽しさがありますね。

最近はおせち通販でネットで簡単に老舗や有名ホテルのおせちが予約注文できるので大変べんりですね。うちもいつも利用しています。一家団欒で楽しめます。
posted by ビタミンC at 11:24 | TrackBack(2) | お役立ち生活情報