性病やクラミジアの増加や症状変化に留意

性病は最近相当増えています。STDとは英語の頭文字をとったもので、「性感染症」(性病)のことを意味します。性病(せいびょう)は、性感染症 (STD) のうち特に古典的な4つの疾患を指します。 (淋病、梅毒、ヘルペスなど)性病症状や危険行為について常に情報を調べておきましょう。

梅毒は感染後約3週間で発症します。治療しない限り体内に残り、最終的には死亡する。現代社会における先進国においては、抗生物質の発達により、第3期、第4期に進行することはほとんどなく、死亡する例は稀です。

【クラミジアの副睾丸炎症状】
前立腺炎をさらに放置すると睾丸の近くまでクラミジア菌が侵入します。睾丸の周りには副睾丸(精巣上体)があり、副睾丸がフィルターのような機能を果たしてくれるので、クラミジア菌はここで副睾丸炎(精巣上体炎)が起こします。

通常副睾丸炎の症状は副睾丸が腫れ上がり、場合によっては睾丸より大きく腫れることもあります。たいていの症状は睾丸からソケイ部にかけて激痛や高熱が起こります。副睾丸炎が両方の睾丸に起こった場合、不妊症になってしまう可能性が高くなります。

ちなみに男性の感染者では、3人に1人は、自覚症状がありません。少しでも症状が疑われる場合は早目に検査して、感染の有無を確認しましょう。将来、大変に悔やむこともありえます。

また症状はしばらくするとでなくなりますので、知らないうちにパートナーに感染してしまいます。パートナーの多い方は、自覚症状がなくても1年に1回の検査がお勧めします。

最近ではクラミジア感染症が大変増えています。感染しても気が付かないケースも多く、症状が進行すると将来赴任症などになるなど、取り返しがつかないこともありますので、危険行為などの覚えのある方は定期的に検査することが肝要でしょう。

性病症状、検査、治療
性病症状、検査
性病症状、検査
性病症状、検査
5性病症状、検査
クラミジア症状検査治療
posted by ビタミンC at 11:22 | TrackBack(0) | 健康